フォト
無料ブログはココログ

2017年12月12日 (火)

錫杖 煤竹に取付け加工 特殊柄

弊社の錫杖を、お預かりした煤竹の柄(棒)に取付け加工をしました。

錫杖に真鍮棒を溶接で固定して

竹に差込みます。
竹に止める鋲(釘)等は打てないので
差込むだけですが簡単には抜けないようになってます。



竹以外にも、木の枝をお預かりして取付けることもあります。

現在お持ちの柄(棒)に、取付けたいなぁとお考えの場合は
お気軽にお問い合わせください。

随時、お見積もりいたします。

お問合わせ、お見積もりは  お問い合わせフォームからお願いいたします。


2017年12月11日 (月)

ローソク消し 黒塗り柄

弊社、オリジナルのローソク消しです。
ロングセラーモデルです。

先端の金具部分は本金メッキ。
柄はカシューの黒塗りです。




安価な、金具部分が磨き仕上げで、
柄は白木の物もあります。

通常、柄の長さは30cmですが
長い柄54cmもあります。

長年、モデルチェンジはありませんが
ご愛用いただいております。

既成のローソク消し以外にもご要望に応じて
製作たまわります。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合せは お問い合わせフォーム からお願いいたします。

2017年12月 9日 (土)

木佛 恵比寿天 えべっさん 桧材 彩色 截金

桧製の恵比寿天です。
「えべっさん」等とも呼ばれ親しみのある神様です。
岩絵の具で華やかに彩色され、截金で豪華に文様を施した
仕上がりです。

なんとも言えないお顔です。

頭上高さ約10cm程の小さな像ですが緻密な造りです。
いつも正面からお顔をみますが、斜め後ろへまわってみました。
背面も細かく文様が描かれており見入ってしまいます。
「えべっさん」の相棒といえば、大黒さま。
次回は、大黒さまも見ていただきましょう。
「えべっさん」のお問い合せは
お問い合わせは  お問い合わせフォーム よりお願いいたします。

2017年12月 8日 (金)

仏具展示会  京仏具

小売店様のご依頼のもと、仏具の展示会を開催いたしました。
お寺さまに見ていただこうとの企画です。
日頃の訪問営業では、一時になかなか見ていただくことができないとのことで
おすすめの商品を揃え、たいへん良い機会になりました。

小規模ではありますが
今回は、新商品も取り入れ

カタログだけでは感じていただけない
商品を「持って、触って、鳴らしてもらって」と
体感していただきました。


鳴り物と呼ぶ、音の出る物は実際に耳で聞いてもらわないと
わからない部分があります。
ご来場いただいたお寺さまには、触れていただいたことで
すごく関心を持っていただき販売につながりました。
ゆっくり見ていただくことで、いろいろなご意見やご相談もうけ
今後の見込みへと発展させていけそうです。
弊社も紙面やネットの画面上で商品のご紹介はしておりますが、
実際に品物を見ていただく機会は少ないのでかなり有効な試みです。
小売店さまで、
「うちでもやってよ」
「前々からやりたいなあと思ってる」等
小規模な展示会の開催についてはご相談ください。
仏具だけでなく、お寺さまの関連商品等も
選りすぐりの商品を集め、伺います。
展示会開催ついてお気軽にお問い合せください。
お問い合わせは  お問い合わせフォーム よりお願いいたします。

2017年12月 6日 (水)

本麻緒 五色 網かけ 七宝編み網 黒

五色の本麻緒です。
黒色(濃紺色)の七宝編みの網かけです。







五色の網かけには、黒色がよく合います。








緒縄が五色なので当然、房も五色です。









白や紅白が多いですが、五色はかなり華やかな印象です。
これで、お正月も気持ちよく迎えていただけます。

12月もあっという間に過ぎていきそうです。
まだまだ、ご注文たまわります。


本麻緒に関するご注文お問い合わせは  お問い合わせフォーム よりお願いいたします。

2017年12月 4日 (月)

本坪鈴 磨き直し 修理

古い、本坪鈴の磨き直しをお預かりしました。
お正月に向けての準備のようです。

長年の使用による変色がすすんでます。
通常、鈴は真鍮材でできています。
この銅のように赤くなった状態を見て、
「銅の鈴がありますか?」
「元の物が銅なので銅の鈴でないとダメ」とか
お問合せをいただきますが、銅に見えるこの鈴も
真鍮材です。

お預かり時(磨く前) ↓↓↓





磨き後 ↓ ↓ ↓






磨く前は、かなりな汚れと変色がすすんでます。






磨くとこのとおり。 ↓↓↓






真鍮の新しい輝きに戻ります。


もう、12月に入りました。
まだまだ、磨き直しもうけたまわります。


お気軽にお問い合わせください。


ご用命、お問い合わせは  お問い合わせフォーム よりお願いいたします。

2017年11月24日 (金)

本麻緒 本坪鈴 お正月準備

今年もあと1ヶ月程となりました。

「お正月の準備はもうお済みでしょうか?」ということで
本麻緒と本坪鈴のご案内です。


本麻緒は、受注生産となります。
長さ、太さをご希望に応じて製作いたします。
特に長さを正確にお知らせください。

本麻緒には六角の桐枠部分に文字を入れることが可能です。


また麻の養生に七宝編みの網掛けもいたします。


本坪鈴は、新調はもちろん
現状の物を磨き直すことも可能です。



お正月をきれいな状態で迎えると気持ち良いこと
まぢかいなしです。

本麻緒、本坪鈴に関することは お気軽にお問い合わせくだい。

お問い合わせは  お問い合わせフォーム よりお願いいたします。

2017年11月17日 (金)

印金セット ばちマグネット収納式 二寸

弊社、オリジナルの印金セット 二寸です。
印金(おりん)は 佐波理製で音は抜群。
マグネットを利用してバチが柄の中に収納できます。

ご好評につきしばらく欠品中でしたが

部材も揃い、組み立て中です。



何十本と組み立てますが既にご注文いただいてる数で
ほとんどなくなりそうです。



携帯に最適な金襴袋付きです。
記念品にもお使いいただけるように化粧箱入りです。

お陰さまで、ほんとに売れてます!
ご注文お待ちしております。
ご注文、お問い合わせは  お問い合わせフォーム よりお願いいたします。

2017年11月16日 (木)

本坪鈴 八寸 手打ち 三角カン

鈴の八寸です。
通称、本坪鈴とか本坪 などと呼ばれています。
三角カンのついてる部分(太鼓の胴の形をしたところ)を坪環と言うので
本坪鈴と言うようです。

鈴の取付方法はいろりろですが、今回は坪環に三角型のカンを

付けて吊り下げやすくしています。
この三角カンがあると、吊り位置が定まるのと
市販の金具が使いやすくなります。





下の画像は撮影用に吊り下げましたが、カンの一点で
吊り下げられ安定するのがおわかりいただけると思います。


お正月の準備にむけ需要が多くなる時期です。
もうお正月の準備はお済みでしょうか?
鈴のカンだけでなく、建物の方の吊り金具も各種製作、取扱いをしております。
お気軽お問合せください。
本坪鈴に関するお問い合わせは   お問い合わせフォーム よりお願いいたします。

2017年11月15日 (水)

懸魚用六葉金具 (ゲギョ用)

懸魚用六葉金具の銅生地と金メッキ仕上げです。

画像、左側が銅地の金メッキ仕上げ

右側が銅地で生地(表面の仕上げ前)です。


六葉金具ということなので、六角形をしています。
通常、大きさは六角形の対角の長さで表し
四寸五分とか五寸などと呼びます。
懸魚用六葉金具は小さなもので 一寸五分 から
大きなものは 二尺 くらいまで製作可能です。
お気軽にお問合せください。
商品に関するお問い合わせは   お問い合わせフォーム よりお願いいたします。

«木魚 楠材 龍彫 尺二 国産