フォト
無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

おりん 松虫りん  宣徳色

松虫りん 三寸 宣徳色

お仏壇用、家庭用のおりんです。

鳴り物に適した佐波理と呼ばれる素材で造られてます。
表面の仕上げを漆着色にすることで、素材の変色をおさえるのと
化粧の意味があります。

Img_6869


数十年前から、変わらず作り続けてる物ですが、

最近、「佐波理」の刻印を入れるようにしました。

Img_6868


この「佐波理」も、鳴り上がりします。
使い込むことで、良い響き、音になります。

また毎日、乾拭きでお手入れしていただくと
より艶が出て、良い光沢になります。


このおりんも、使い込んでもらいたい逸品です。

2016年6月28日 (火)

火立 灯立 修理 その2

先日、修理でお預かりした灯立の修理が完成しました。


Img_6855


ぐらつきの微調整もええ具合に直ってます。

ひとつ心配なのは、くくりつけられていた獅子。

Img_6856


帰るところがありますように…



2016年6月27日 (月)

鳴金 筋彫り 塗香洒水器

鳴金の塗香洒水器で筋彫りが仕上がってきました。

これも、かなり前からある商品である意味定番…
しかしながら、まだまだご存じでない方も多いかと思います。


Photo


鋤彫りと同じく、熟練の職人さんの技術のなせる業です。

蓮の花弁を表した、一本いっぽんの筋がお見事。


Photo_2



散杖でわんをたたくと、これまた音と余韻が良いです。


素材の吟味から、鋳造にいたるまで
こだわりぬきます。

ぜひ、使い込んでいただきたい逸品です。


2016年6月25日 (土)

外置香炉の屋根 その3

とうとう完成しました。

Img_6836


屋根も棟もついて、生地(塗装の前)の完成です。

Img_6835


柱の根巻き金具は都合上銅板製ですが
ステンレスのままでも、ええ感じです。

次は、青銅色の塗装の工程へすすめます。

佐波理 錫杖 修理 磨き直し

錫杖の修理も弊社の得意とするところです。


先日、古い錫杖をお預かりして

その修理と磨き直しが仕上がってきました。

お預かりした時は、カンが3ケしかありませんでした。


1


新しいカンを3ケ追加して、全体の磨き直しをします。


2_2



経年の使用で、変色した色が磨き直しによって

新品時のような輝きに蘇りました。

金物の変色は、磨き直しをすると
ほとんどの物が新品時のような輝きに戻ります。


これも直るかなぁ?とお悩みの方、ご相談ください。

<m(__)m>

2016年6月22日 (水)

火立 灯立 修理

火立の修理をお預かりしました。


Img_6753


お仏壇用で、東用、鶴亀。

火皿、ローソクを受ける部分が

長年の使用で、少しゆるみ気味なのか
銅線でグルグル巻きになってます。
このままではローソクが不安定なので
修理のご依頼です。


Img_6756

なぜなのか?
獅子までもグルグル巻き…
何か悪い事をしたのか…?
柱にくくりつけられた子供のシーンが思い浮かびます。

本来、香炉の蓋の上にある獅子。
お預かりした時と同じ様に
元通りにもどすのも修理ですが、

本来の姿にもどすことも修理の一つです。


Img_6757


銅線をほどいて部材を確認し、修理へまわします。

さて、銅線がほどけた獅子は帰るところがあるのでしょうか?


つづく…

2016年6月21日 (火)

柄香炉 修理

先日お預かりしました、柄香炉の修理が仕上がってきました。


柄がポッキリ折れていたところに
補強の部材を足して
強度もバッチリ!

Img_6783_2


今回は磨き直しはしませんが、


Img_6785_2


違和感なく修理完了です。

まだまだお使いいただけます。


弊社では、仏具の修理も手がけます。

日々いろいろな仏具をおあずかりして
蘇らせていきます。

仏具の修理でお困りの場合は、ご相談ください。

2016年6月20日 (月)

玄関ギャラリー 追加

先日弊社、スタッフブログでご紹介いたしました
玄関ギャラリー。

今日、私もまじまじと見ました。

Img_6761

なかなか、良い感じです。

なかでも、個人的には、七宝焼きのタックピンが気になります。
男性にはもってこいの小物です。

Img_6762


自分用にいかがでしょう。

もちろんプレゼントや記念品にも喜ばれます。

数に限りがあります。
興味のある方は、是非お立ち寄りください。

お待ちしております<m(__)m>

2016年6月17日 (金)

外置香炉の屋根 その2

こんばんは!

今週もお疲れさまでした。

今日は工場へ外置き香炉の屋根を
見てきました。
先日からのつづき。

おお~!かなり進んでる。

Img_6766


懸魚(げぎょ)がついてます。
ええ感じ…

Img_6764


Img_6765


おお~!根巻き金具もどんどん進んでます。

完成まで、もう間もなくというところでしょうか!

待ち遠しい…

2016年6月16日 (木)

柄香炉 修理

こんばんは!

今日は雨でしたね。
そんな雨の中、ご来店いただき
柄香炉の修理をお預かりしました。


Img_6734


蓮造り柄香炉です。
柄の部分が折れたそうです。

一番、チカラがかかるところです。

Img_6735


補強の部材をたして溶接での修理の予定です。

修理をすればまだまだお使いいただけます。

では修理後の仕上がりは、また後日に。

2016年6月15日 (水)

海蔵寺型台灯篭 四尺

こんばんは!

今日は台灯篭で海蔵寺型 四尺の
納品前の検品をしました。

営業部課長、A氏の納品前、最終チェックです。

Img_6712

基本的なお決まりの形ですので、現状古い写真しかなく
せっかくなので、O氏により写真撮影も行いました。

Img_6707

Img_6710

細部も記録のため、撮影し

Img_6710_2


全て異常なく、検品も完了です。
いやぁ~手の凝った良いものは見ていても
飽きませんねぇ。

完成度高い、海蔵寺型いかがでしょう!

2016年6月14日 (火)

外置香炉の屋根

こんばんは!

今日は暑かったぁ~(*_*;

その暑い中、弊社工場では外置香炉の屋根が
着々と製作されてました。

Img_6717


工場ブログでもアップされてます。
今回はステンレス製です。

Img_6716


Img_6718


完成後は青銅色に塗装して仕上げます。

仕上がりは乞うご期待!

香炉の屋根はほとんどと言ってよいほど
寸法もオーダーで製作しております。

御予算に応じて調製もいたします。

是非、ご相談ください。

2016年6月13日 (月)

木製照明灯  剣付八葉照明灯

こんばんは!


本日の弊社工場ブログ、お寺用照明灯関連です。
工場ブログでは、金物の照明灯ですが
これは木製になります。


P1020497


LED球の8灯式。かなり明るいです。


Img_5694


本金箔押し仕上げで、丸い円形の中は砂蒔きで
金箔との変化をつけています。


別注、オリジナルも製作賜ります。

お気軽にご相談ください<m(__)m>

2016年6月11日 (土)

鋤彫り 塗香洒水器 磨き仕上げ

こんばんは!

今日は疲れたぁ~って感じで
土曜日も終わります。


今日は数日前にアップしました鋤彫りの塗香洒落水器が
磨き上がってきました。

1

先日の生地(磨く前の状態)とちがい
きらきら感がなんともいえません。

これぞ、京仏具って感じです。

熟練の職人さんのなせる技です。
若い頃から延々と今まで磨き上げた技術の結晶です。

そんな職人さんの仏具を使ってみたいと思いませんか?

今日も黙々と彫り続けます。

2016年6月10日 (金)

金襴水引 紐ケマン

こんばんは!

今日は暑かったですねえ。
今週ももう金曜日。

今日は金襴の水引きが仕上がってきました。

水引き…
ん。最近はきれもんが続くような。

Pict0006


赤字六釜。
今回はお客さんから金襴生地を預かって仕立てしました。

一応、仕上がり寸法の確認をして。

Pict0008


中央に紐ケマン。

Fullsizerender


指定の寸法通り仕上がりました。

水引の取扱いもやっております。
なんなりとお申しつけください。

2016年6月 9日 (木)

都五鈷、スベ五鈷

こんばんは!

今日も慌ただしく一日が過ぎ…


都五鈷の修理を預かりました。

Img_6673_3

五鈷のように脇鈷と呼ぶ4本の尖った部分の一本が
歪んでしまっているのでその修理です。

Img_6674_4

ん…?みやこ五鈷?
スベ五鈷と読みます。
すべ?
なぜ「都」を「すべ」と言うかは定かではありません。
定かでないというより、私が知らないだけなのかも…

ずい分昔、教えてもらったことは、

都五鈷は「すべごこ」と読み、
その形は通常の五鈷杵の五股をすぼめ
一見、独鈷杵のような形をしたものをいい
本有なる故に未だ開顕せずして独鈷杵のような姿をとるともいう…

また都五鈷杵は未顕浄菩提心を意味し、特別の修法用具と伝えられている。

んん~なにやら、難しいです。


「都」、「すべ」と読むのはなぜか?

改めて調べてみることにします。


どなたか、知っておられたらご教示ください。
よろしくお願いします<m(__)m>

2016年6月 8日 (水)

のぼり幡

こんばんは!

今日も一日、お疲れさまでした。


今日はお預かりした、のぼり幡を新調するために
文字確認と寸法の計測をしました。

H280608jpg


文字は同じで、年号と奉納者の名前が変わります。


H280608jpg_3


長ッ!
あら!5 m、メジャーも足りひん…
ものさしを足して、5m25cm。


H280608jpg_2

あらぁぁ~!
破れてる。
ひとまず応急修理して、お返しします。

新しいのが出来るには、まだまだ時間がかかるので
それまではこれをお使いいただきましょう!


本堂の幕やのぼり幡の誂えも賜ります。

ぜひ、ご相談ください。




2016年6月 7日 (火)

鋤彫り 塗香洒水器 

こんばんは!

今日は一日、雨でしたね。


このところ、鋤彫りの前具類の受注がつづきます。

今回は、塗香洒水器だけですがご注文を
いただきました。
先日、その生地(磨く前の段階の状態)が仕上がってきました。

いつものように、職人さんの技がひかります。

Img_6630


蓮の花弁の中央の線も、ビシッ!と真っすぐです。

いつも思うことですが、全部が均等に同じ深さで
よう彫れるなあ、と。

まあ、それが職人!
プロなんでしょうか。


次は磨きの職人さんへバトンタッチです。

磨き上がったらまたご紹介いたします。

宝相華透かし柄香炉 その2

こんばんは。
もう真夜中です。

梅雨入りで明日は雨でしょうか…


先々週の柄香炉の蓋が少しすすんでます。


Img_6651


ツマミと蓮華の部材ができました。


少しづつですが完成へと近づいてます。

!(^^)!

乞うご期待!

2016年6月 2日 (木)

本堂幕

こんばんは!

今夜はとても過ごしやすく気持ち良いです。


先日、古い本堂の幕を預かりました。
揚巻房と幕縄の新調のご注文でした。

幕本体はチチの修理だけですが、
新調の場合の見積もりもすることに。

Pict0004


しっかりと計測して。
新規見積もりします。

Pict0006


チチは一旦、縫製の修理をして。

揚巻房と幕縄は新調して、お返しします。
幕はまだまだ、ご使用いただけそうです。

修理も可能な限り、ご要望にお応えします。

2016年6月 1日 (水)

鳴五鈷

こんばんは!

今日から6月ですね。
というのに、変な気温で体調に気をつけてください。

今夜はチラシ作成のつづきで…

今回、作成したもう一種類は 「鳴五鈷杵」。


20160528122622


沙波理材でできてます。
真鍮材とはちがう、存在感があります。

これも京都の職人の技がひかります。

自信を持っておすすめできる弊社の人気商品の一つです。


« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31