フォト
無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

桶型天水桶  唐金製青銅色仕上げ

桶型の天水桶、
唐金製青銅色仕上げです。


P3306786


写真の口径は 三尺五寸です。
蓮型とちがい、同じ三尺五寸でも
かなり大きく感じます。

実際、大きいのですが
お寺に納まると
まあそれなりの大きさになってしまうのが
常のようです。

八角の台座には、蓮型と同じく
おっかけ獅子を配してます。

P3306784


天水桶。

字のごとく、
天からの水、恵みを貯めるものとして
また防火用水としての役目として
設置されるようです。


ご用命、ご相談は お問い合わせフォーム  より
お願いいたします。

2016年8月30日 (火)

挟み箱 黒塗り

挟み箱の組立てです。


2


銅板製で金メッキした紋を蓋に取付けます。


1


Pict0144


担ぎ棒を通しながら、房をこんなふうに取り付けて。

Img_7583


箱裏も格子枠付きで、グレードアップしてます。


Img_7578


なかなか、ここまでの物を作るのは少なくなっているようです。


ご希望に応じて調製いたします。

ご用命、お問い合わせは  お問い合わせフォーム  より
お願いいたします。

2016年8月29日 (月)

佐波理 錫杖

錫杖のご注文をいただきました。

銅と錫の合金の佐波理製です。
黒檀の柄を取り付けて納品です。

Img_7506


他にも 錫杖の素材には

・スペシャルモデルの銀佐波理 
字のごとく 佐波理に銀が入ります。

・スタンダードモデルとして 真鍮製  があります。

佐波理 は ハイクオリティモデル として
弊社のいち押し商品です。
使いこんでいただくほど、良い音になります。


Dm


ご用命、お問い合わせは  お問い合わせフォーム  より
お願いいたします。

2016年8月27日 (土)

蓮型天水桶  唐金製青銅色仕上げ

蓮型の天水桶です。
唐金製青銅色仕上げ。


P1010317

写真は、口径三尺です。


P1010329


蓮台下には、厄除けのシンボルでもある
追いかけ獅子を配し
吉祥の文様になっています。


P1010305


落葉よけとして、ステンレス製の網も装備。
ゴミが溜まるのを防げます。

蓮型の他には、桶型があります。

天水桶のご用命お待ちしております。

ご用命、ご相談は お問い合わせフォーム  より
お願いいたします。

2016年8月26日 (金)

修理 建築金具  錺金具

修理をした建築金具の検品をしています。

建物の長押に取り付ける透かしの錺金具や
扉の引き手金具等、他にもたくさんあります。

1


1608247


修理の仕上げは 本金箔押し仕上げにフッ素コーティングを
しています。

1608244


1608243


きれいに仕上がりました。

経年の汚れや劣化の度合いによりますが
いろいろな方法により、修復が可能です。

最近、汚れや劣化が気になるなぁとか
これもきれいになるんだろうか…等

ご不明な点は相談ください。

ご用命、ご相談は お問い合わせフォーム  より
お願いいたします。

2016年8月25日 (木)

宝相華柄香炉 

蓋が別仕様の宝相華柄香炉です。

Img_7503


通常品とはツマミや唐草の彫りが違います。

Img_7505


蝶番も無しでの仕様です。


Img_7504


この柄香炉は 工場ブログ でも掲載しております。

http://sakushi-f-b.cocolog-nifty.com/blog/

ご要望に応じて調製いたします。


ご用命、ご相談は お問い合わせフォーム  より
お願いいたします。

2016年8月24日 (水)

木製常花 極彩色   寛通型三具足

寺院用の木製常花 極彩色と寛通型三具足です。
1205111



極彩色 常花は 水上寸法 一尺五寸 の三本立
寛通型三具足は 花立高さ七寸 の組み合わせです。


P5111721
脇佛、脇壇、余間 等に映えます。
花弁の色は、ピンク色にもできます。

P1278664



全体の色調も、調整可能ですのでご希望の感じに
製作も賜ります。
ご用命、ご相談は お問い合わせフォーム  より
お願いいたします。

お待ちしております。

2016年8月22日 (月)

本堂幕 新調

本堂幕の新調のご注文をいただきました。

今までご使用されてた幕をお預かりし、
寸法の計測です。

2

3


長いので半分にに折りたたんで、計測です。

4_2


紋の位置も計測します。

5


けっこう大きい幕でした。
今日はいつもの相棒にも手伝ってもらい

1


これは、先にお返しします。

新しいのがしあがるのに約1ケ月余かかります。


本堂幕のほとんどは、幅や垂れは誂えになります。
どんな寸法でも対応します。


ご用命、ご相談は お問い合わせフォーム  より
お願いいたします。

<m(__)m>






2016年8月19日 (金)

仏像修復

昨年来よりお預かりしてる観音勢至像の修復です。

かなりの汚れと痛みがひどかったのですが


修復前  ↓↓

P1020228

修復後  ↓ ↓

P1030357

新品のようによみがえります。

光背の放射光もほとんど欠損状態でしたが

修復前 ↓↓

P1020255


修復後 ↓↓

P1030361


今回は輪も新たに木地を作成して仕上げてます。

修復は全体の洗いから始まり、分解や木地調製、
漆塗りに金箔押しと、それぞれの工程ごと丁寧に
すすめていきます。


仕上がりまであともう少しです。
完成後も、ご覧いただきたいと思いますので
もうしばらくお待ちください。

修復のご用命、ご相談は お問い合わせフォーム より
うけたまわります。




2016年8月18日 (木)

銅製 定紋  金メッキ

銅製の定紋です。
打ち出し、ふくらし等と呼んでます。


Img_7458


ふくらすことで、紋に立体感がでます。

一つ、ひとつ職人さんの手作りになります。

写真は直径18cmほどですが
手作りですので、どんな大きさ、物でも製作可能です。

今回は黒塗りの挟み箱の蓋に取付ます。

紋の製作、ご相談は  お問い合わせフォーム より
うけたまわります。

ご遠慮なくご相談ください。
<m(__)m>
 

2016年8月17日 (水)

雪洞 火袋

少し前に製作していた雪洞の火袋が完成しました。

今回は今ご使用の木製の黒塗りの台に
金メッキの火袋を新調しました。

H280810


完成予定のコピーをもとに製作をすすめ

H280810_2


ご希望の、細身でスッキリとした感じに仕上がりました。

火袋の寸法は、直径約12cm 高さ18cmです。

近年は電球主流ですが、ロウソクを使用されるとのこと。


H280810_3


H280810_4


ロウソク用の火皿も新調して完成です。

本体へは火袋の受け部を木ネジで固定します。


デザインや寸法はご要望に応じて製作可能です。

ご相談、お問い合わせは お問い合わせフォーム より
お願いいたします。



2016年8月10日 (水)

紐ケマン  

紐ケマンの人絹 緑色 幅一尺五寸です。


弊社では通常、赤や紫が多いのですが
今回は 緑色 のご注文をいただきました。


Photo_3


しかも一気に4枚もの数量です。


組紐の職人さんに製作は依頼するのですが
珍しい緑は、材料の確保からです。

なんとか期日までに、間に合いホッとしました。

ほとんどの物は製作可能です。

ご用命、ご相談は お問い合わせフォーム  から
お願いいたします。

2016年8月 9日 (火)

お仏具磨き直し 前具 一面器  完成

先日、お預かりしました古い前具の一面器が
磨きあがりました。

Img_7315


Befor  ↓↓↓

Img_72371


After  ↓↓↓

Img_7316


かなり黒ずんでましたが、比較的状態が良く
新品時のように輝きがもどりました。

すっきり!

1439190321993953_2


ご用命、ご相談は お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年8月 8日 (月)

一葉観音像  唐金製青銅色仕上

唐金製青銅色仕上げの一葉観音像です。


130329


唐金=青銅とかブロンズと呼ばれる金属でできています。


Photo


この写真が、唐金の素地そのものの色です。

Photo_2


経年の変化で青銅色になると言われますが
新品の場合は塗装で青銅色に仕上げます。

本物の青銅のようにムラになるよう色を塗り重ね
風合いをだします。


曹洞宗さん向けにいかがでしょう。
よく庭に安置されます。

ご用命、お問い合わせは お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年8月 5日 (金)

払子  蒔絵柄付き

払子の蒔絵柄付きです。

1002261


黒塗りロイロ仕上げの柄に、
高蒔絵研ぎ出し磨きや平磨きと呼ばれる技法で
蓮の模様や龍の図柄を表現しています。

1111122


何れも、柄尻には 純銀製の菊透かし金具を
取り付けたものに、特上の毛(払子の中でも毛の量が一番多いもの)を
つけると贅沢な仕上がりになります。

払子のご用命、ご相談は お問い合わせフォーム より
受けたまわります。

2016年8月 4日 (木)

露盤宝珠 修復

今日も暑かったです。

今日はお預かりして修理していた
屋根の上の露盤宝珠を納品設置しました。
Fullsizerender
お天気も良く助かりました。
お天気良すぎて、手はくっきり日焼けが…。
Img_7263
屋外の作業は熱中症に気をつけましょう。
いろいろな修復も賜ります。
1465204622486742_2
ご相談お問い合わせは お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年8月 3日 (水)

お仏具磨き直し 前具 一面器 柄香炉

磨き直しで、前具と柄香炉をお預かりしました。

Img_72371
長年のご使用でかなりの汚れと変色が激しいです。
柄香炉はお線香のヤニがきついです。
Img_72381
柄香炉は細部まで磨きやすいように、
八双を分解しパーツにします。
Img_72301
裏のカシメをヤスリで削り、鋲を抜きます。
Fullsizerender1
磨き直し後に、組立ます。
ほとんどの物が新品に近いように輝きがもどります。
1439190321993953_2
仏具でのお困りやご相談は、お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年8月 2日 (火)

蓮珠型五具足  梨地  在家用

手しごとで作られている梨地 蓮珠型五具足です。

060626


これは花立です。

Img_4122



蓮の花弁を一枚、一枚彫っていきます。

Img_4125


蓮の割り付けをし、鏨と金鎚で。


Img_4154

気が遠くなりそうです。

彫が仕上がると次は漆の着色の工程です。


手しごとの良さを感じてみてください。


ご用命、お問い合わせは お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年8月 1日 (月)

手しごとを支える道具

比較的、仏具は手しごとで作られてるものが多いです。

最近はこの仏具を造る職人さんも減少の一途ですが、

忘れてはならないのは、その仏具を作る道具が必要だと
いうことです。

材料の確保や、道具の確保が困難になりつつあると
心配をしてます。


そんな貴重な職人さんの道具の展示があるそうです。

「手しごとを支える道具たち」と題して
京都市左京区の京都伝統産業ふれあい館で開かれています。

8月31日まで。

是非、見に行こうと思います。

*京都新聞掲載

   ↓↓↓

http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20160730000121

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31