フォト
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

第35回  京仏具四人会  伝統工芸

明日から開催、第35回  京仏具四人会。

本日、午後に搬入を終えました。

Img_8265


今回の会場の様子をチラッと先行してお届けします。

展示会のご案内は ↓ ↓ ↓

第35回京仏具四人会

Img_8182

場所はいつもと同じ京都文化博物館6階展示会場です
開催日 11月1日(火)〜3日(木・祝)
時間 10:00〜18:00 (最終日は16:00まで)入場無料


Img_8183


洗練された京仏具の世界をお楽しみください

伝統工芸といわれる、職人の業が一堂に集まります。
是非とも、ご来場くださいませ。
お待ちしております。

会場はこちら ↓ ↓ ↓
Img_8184


※四人会展についてのお問い合わせも
弊社 お問い合わせフォーム  より うけたまわります。

2016年10月29日 (土)

第35回  京仏具四人会  伝統工芸

いよいよ来週にせまってきました。

第35回  京仏具四人会 の再告知です。


第35回京仏具四人会

Img_8182

場所はいつもと同じ京都文化博物館6階展示会場です
開催日 11月1日(火)〜3日(木・祝)
時間 10:00〜18:00 (最終日は16:00まで)入場無料


Img_8183


洗練された京仏具の世界をお楽しみください

伝統工芸といわれる、職人の業が一堂に集まります。
是非とも、ご来場くださいませ。
お待ちしております。

会場はこちら ↓ ↓ ↓
Img_8184


※四人会展についてのお問い合わせも
弊社 お問い合わせフォーム  より うけたまわります。

2016年10月28日 (金)

山門の扉飾金具  打ち鋲  平頭

先日の扉の金具の打ち鋲の塗装が仕上がってきました。


Img_8235


一部分だけ平頭に打ち替えてもらいます。

現場の工務店さま。
お待たせしました!

2016年10月27日 (木)

本堂幕 白 綾天竺 木綿

本堂の幕が仕上がりました。
仕上がり寸法の確認です。

1


幕の幅が長いのでいつもの相棒と。

Pict0010


長いので折り畳むのもひと苦労。

Pict0004


幕の布地は木綿以外に、羽二重や東レシルック 等
ご要望に応じて製作いたします。


ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年10月26日 (水)

鈴用 本麻緒  白

鈴用の本麻緒です。
緒縄 ともいわれます。

1


写真は 白(生成り)色です。
他に、三色、五色 が製作可能です。

六角桐枠へは記念文字を彫り入れることができ
なんとも言えない雰囲気が出ます。

Img_8223

Img_8222_4


奉納、年号 施主名 他 彫り入れることができます。

今年ももうあと2カ月余。
そろそろ、お正月にむけて忙しくなります。

平成29年のお正月は新しい麻緒でお迎えしませんか。

ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年10月25日 (火)

宝相華透かし 花皿  国宝

弊社の宝相華透かし華皿 九寸です。
消メッキ仕上げ。

051222


これは、国宝の写しとなります。
国宝のものと製作内容は違いますが
細部にもこだわりかなり近いものになっております。

今、この国宝の透かし彫りの華皿が展示されており
間近で見ることが出来そうです。

その展示は  ↓↓↓

1fullsizerender


滋賀県立近代美術館で 開催されてます。

10/8 ~ 11/23 まで。

※記事は京都新聞より

芸術の秋?
私は食欲の秋!ですが(笑)
是非、足を運んでみてはいかがでしょう。


私も、絶対!に行くつもりです。

本物も良いですが、

弊社の華皿もよろしくお願いいたします。

ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年10月24日 (月)

山門の扉飾金具  打ち鋲

先日、山門の扉の飾金具の取付が完了しました。

Img_8150


飾金具は古い物を踏襲して製作しましたが、
新しくいした打ち鋲の頭が高くて扉を閉める時に
長押に当たって閉まりにくくなってしまいました。

Img_8146_2


扉がかなり反っているので、やむなく鋲頭を削りましたが
取り付けたままでは限界が。
鋲の頭が平らなものを新調して取り換えてもらうことに。

3fullsizerender

↓  ↓  ↓  ↓


2fullsizerender


これで、扉と長押の干渉もなくなりそうです。

このあと、黒色塗装の工程へ。

現場では、いろんなことがおこりますが、
どのように対応するか。

これを考えるのも現場の面白味の一つです。

いろいろな対応もご相談ください。

ご相談、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年10月20日 (木)

第35回  京仏具四人会  伝統工芸

今年も いよいよ近づいてきました。

第35回京仏具四人会

Img_8182

場所はいつもと同じ京都文化博物館6階展示会場です
開催日 11月1日(火)〜3日(木・祝)
時間 10:00〜18:00 (最終日は16:00まで)入場無料


Img_8183


洗練された京仏具の世界をお楽しみください

伝統工芸といわれる、職人の業が一堂に集まります。

是非とも、ご来場くださいませ。
お待ちしております。

会場はこちら ↓ ↓ ↓
Img_8184


※四人会展についてのお問い合わせも
弊社 お問い合わせフォーム  より うけたまわります。

2016年10月19日 (水)

山門の扉飾金具 完成

飾鋲も打ち終えて、全て完了です。









古い金具を踏襲し全てを新調しました。
乳唄金具は既製品では、大きさが合わなかったので
誂えです。





製作のための作図から取付まで
賜ります。


ご用命、お問い合わせは  お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年10月18日 (火)

山門の扉飾金具 取付

先日の山門の扉金具の取付作業です。

鯖の尾。





隅の八双金具。





約、八割程度完了しました。






残りは明日、ガンバります。
完成写真は、乞う御期待
(^。^)/

2016年10月17日 (月)

護摩天蓋 その2  屋根の彫金

護摩天蓋、A型の屋根です。

銅板から彫金が仕上がりました。


Img_8039


図柄の部分を少しふくらまして立体感をだしています。


Img_8040


次は、そろそろ本体の組み立てにすすんでいきます。


既製だけでなく、ご希望にあわせて調製いたします。



ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年10月14日 (金)

山門の扉飾金具 打鋲

ああ~忘れてましたぁ。
飾金具を止める打鋲の確認。


Img_8048


鉄製でこれも黒色の塗装仕上げです。

飾金具を打つけるのに本数が足りるか最終確認です。


Img_8049


助けてもらいながら数えました。
約540本。

んん~これを取り付けるのかと思うと…

あまり考えるのはやめましょう(笑)


各種、いろんな鋲も製作いたします。


ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。




2016年10月13日 (木)

山門の扉飾金具 黒色

山門の扉金具の塗装が仕上がりました。
鉄製での黒色塗装です。

Img_8044

写真は、焼付の炉の中にあるところです。

Img_8045


隅の八双金具や縁の金具です。
黒色の塗装で、少し艶消しに仕上げました。

Img_8046


光り過ぎず、良い感じです。

さあ来週は、いよいよ取付です。

取付出張も賜わります。


ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年10月12日 (水)

護摩天蓋 

弊社作、護摩天蓋 A型(四尺)の屋根の部分です。


Img_7868


彫金前の銅板です。

原寸で書いた図柄を銅板に写し彫金します。

彫金します。と言っても
もちろん彫金は職人さんにお願いします。

護摩天蓋の完成写真はこちら。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


Na50a


完成までは、まだまだ時間がかかりますが
このあと完成までの製作過程をご紹介して
いきます。

乞うご期待!<m(__)m>



 
 
 

2016年10月 8日 (土)

正倉院型 華ケマン  消メッキ

正倉院型 華ケマン 消メッキ 尺二です。


Photo


銅地に彫金が施してあります。
翡翠や瑪瑙の貴石を使用した豪華な仕上がりです。

本体は本金の消メッキに、瓔珞はツヤありの金メッキにし
更に豪華さを追求しおります。

現在、本社社屋のガラス張り展示スペースに飾ってあります。


1


2


夕方になると、照明で翡翠や瑪瑙の玉が
キラキラと光ります。

ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

他のサイズも製作いたします。


ご用命、お問い合わせは  お問い合わせフォーム  より
お願いいたします。

2016年10月 7日 (金)

手編み花皿 牡丹  消メッキ 九寸

手編み花皿の牡丹です。

牡丹の花の部分を少しふくらして
全体に変化を出し動きのある図柄にしています。


Photo


紐を取り付ける位置には、獅子を配し
唐獅子牡丹を表現しています。

獅子は「百獣の王」、牡丹は「百花の王」と呼ばれ
良い組み合わせといわれます。


縁起ものの図柄も作成いたします。

ぜひ、いかがでしょう。

ご用命、お問い合わせは  お問い合わせフォーム  より
お願いいたします。

2016年10月 6日 (木)

手編み花皿 別製宗紋 浄土宗 西本願寺 

手編み花皿の宗紋バージョンです。

浄土宗、浄土真宗本願寺派の紋で製作したものです。

111026


111026_2


銅板をふくらし、立体的に表現しています。

何れも好評でした。

中央の絵図は、その他の紋や図柄で製作可能です。

直筆を転写して製作もできます。

オリジナル品はいかがでしょう。

ご用命、お問い合わせは  お問い合わせフォーム  より
お願いいたします。

2016年10月 5日 (水)

手編み花皿  龍彫 打ち出し 消メッキ

手編み花皿の龍彫り打ち出しです。
直径は九寸です。

1112242


中央に動きのある龍を配し、
紐の金具は雲を表現してます。


1110314


これも彫金職人のなせる業です。

中央の図柄は、ご希望に応じた図柄で製作できます。
紋にすることも可能です。

床(とこ)や玄関の飾りにしていただいても良いです。


ご用命、お問い合わせは  お問い合わせフォーム  より
お願いいたします。


2016年10月 4日 (火)

茶湯器 磨き直し

茶湯器を磨き直しでお預かりしました。

長年のご使用でかなり変色と
汚れがひどい状況でした。


Befor


洗い、汚れ落とし、再研磨(磨き)できれいになりました。


After


わんの中側の汚れと変色をとるのが大変です。

真鍮製のものなら、磨き直しが可能です。

1439190321993953_2


ご相談、ご用命は お問い合わせフォーム  より
お願いいたします。


« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31