フォト
無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月29日 (火)

大般若波羅蜜多経 全600巻 

大般若波羅蜜多経 黄檗鉄眼版 全600巻 です。

H270618_1


H241130_1


テレビのニュースなどで転読のシーンを見かけることもある
折れ本です。
転読に耐えられるよう、手漉きで厚め紙を使用しております。


一枚一枚、版木を手摺りした大般若波羅蜜多経は
600巻 揃うとなんとも壮観です。

H270618_3_2


緞子表装の色や柄は、お選びいただけます。
また、別織で紋入りの製作も可能です。

Photo



ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年11月28日 (月)

一重彫 塗香洒水器 磨き

一重彫 塗香洒水器 真鍮製磨き仕上げです。

H2811


蓋とワンに蓮華の筋彫りが施してあります。

少しだけですが蓮華の彫金を入れると
無地の前具よりグッと豪華になります。

塗香洒水器の他に、佛器や花鋲もシリーズとして
揃えておりますので、一面器や四面器にも対応いたします。


写真は磨き仕上げですが、本金メッキ、本金消しメッキ仕上も
たまわります。
お気軽にお問合せください。


ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年11月26日 (土)

払子  唐草蒔絵

払子の柄、黒塗り 唐草蒔絵入りです。


Img_8437


黒塗りの柄に蒔絵で唐草を書きます。
今回は唐草の葉は葉脈入りです。

三つ葵の紋も入れて完成です。

Img_8438


このあと、柄尻には房を付ける金具を取付て
白い毛を据えると払子として完成です。


柄の図柄はご要望に応じて製作いたします。

ご相談ください。

ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年11月25日 (金)

胴長太鼓  

胴長太鼓 口径一尺八寸です。

Img_8429


胴は欅で摺り漆仕上げです。
一尺八寸というと太鼓の中では大きい部類になるようです。

Img_8430


重さも一人で運ぶにはちょっときつい感じです。


胴長太鼓の他、楽太鼓や平吊太鼓等も
取り扱います。


お気軽にお問合せくださいませ。

ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします

2016年11月24日 (木)

修理 柄香炉  金メッキ直し

金メッキ修理のため、柄香炉を預かりました。

Img_8434


長年のご使用で汚れもかなりです。

Img_8433


蓋裏もお香のヤニで焼けがあり
灰を入れる落としもかなりの汚れです。

分解をして、金メッキの行程へまわします。


各種、柄香炉やその他の仏具も修理をたまわります。


ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年11月22日 (火)

おみくじ機 (自動みくじ機)

弊社の自動みくじ機です。

100円式で、みくじ紙は英訳入りです。

Img_8427


現在、ボディカラーが2色完成してきました。

古くからのイメージとしての赤、そして黄色があります。

黄色は古来より土を意味し、大地からパワーを譲り受け

みのり、慶びをもたらすとされています。


Img_8428


電動式で、みくじ紙を押し出します。

今なら、数日で納品可能です。
お正月にも間に合います。

詳細は弊社 HP にも掲載しております。

http://www.sakushima.co.jp/items/?id=1207798555-881490&p=1&mca=6&ca=1207797074-062938

 ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年11月18日 (金)

純銀香炉 鎚目入り

純銀製の香炉(足なし)
細かな鎚目入りで磨き仕上げです。 


H280511_2


胴張りは 三寸五分あります。


H280511_3


使い込んでいただくとどのように変化していくか
楽しみです。

板物から鋳造と、各種製作たまわります。

ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年11月17日 (木)

色仏供 彩色

前具の仏器用の色仏供です。
木製の木地に岩絵具での彩色仕上げ。

Img_8377


基本の五色ですが、黒色はご希望により
群青や紫にすることもあります。

P2246475


上の写真は供物皿用で群青です。

各サイズ、各用途に応じて製作いたします。

ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年11月16日 (水)

白檀 地蔵菩薩(童地蔵)

京佛師 松本明慶氏作。
白檀製のお地蔵さまです。

Photo


「童地蔵」

Photo_2


今では手に入りにくくなっている
貴重な白檀の彫像です。

なんとも言えないやさしいお顔と
白檀の芳しい香りにこころ癒されます。

大きさは

蓮台径最大65mm
蓮台を含む総高62mm


Photo_3


いつも身につけていたくなる…
そんなお地蔵さんです。

ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします

2016年11月15日 (火)

白檀 にぎり大黒天

京佛師 松本明慶氏作。
白檀製の大黒さまです。

H281115_1


像は一木造り。蓮の台には蛙がいます。
今では手に入りにくくなっている貴重な白檀の彫像です。

大黒さまを握ることで、多大なるパワーを感じられそうです。
また香木である白檀のなんとも言えない芳しい香りにこころ癒されます。

H281115_2


打ち出の小槌からは、幸福があふれてきそうです。

H281115_4


背の大きな袋にもたくさん幸福が詰まってそうです。

大きさ 総高47㎜  蓮の外径約65㎜

大黒さまは蓮の上に乗ってるだけなので
手のひらで握ることができます。

手に白檀の香りが残りなんとも言えません。

その他、いろいろな仏像も賜ります。

ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年11月10日 (木)

輪宝カツマ  密教法具

輪宝カツマの輪宝のご注文です。

Img_8244


真鍮製の磨き仕上げです。

1


輪宝は蓮台の上でクルクルと回ります。

これも京都の職人による手作りです。


その他、密教法具を多数取扱い、製作しております。

お気軽にお問い合わせくださいませ。


ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年11月 9日 (水)

金剛鈴 スキ彫

金剛鈴の鈴身(カマ)を新調しました。

お預かりのものは、鈴身(カマ)が割れてひびが入り
修理不可能のため形を出来るだけ近づけるよう新調しました。

もちろん沙波理材です。

Img_8247


音色は元の音はわかりませんので想像でしか
ありませんが、近い音になるであろう予測です。
使い込んでいただくにつれ、良い音になるはずです。


Img_8246

全体を磨き直すと、新品時の輝きがもどります。


修理や新規作成をたまわります。


ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年11月 8日 (火)

散華 六波羅蜜 

散華 六波羅蜜のチラシができました。

店頭でもチラシをご用意しておます。


Img_8279


チラシは小売店さまの営業に活用していただきたく

たくさん用意しております。


Dm_2


散華のご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年11月 7日 (月)

散華 六波羅蜜

新しい散華が出来ました。

散華 「六波羅蜜」!

Photo


六波羅蜜 = 悟りをひらくための六つの修行

修行と言っても 日々六つの心掛けを実践することを言います。

Dm

六つの心掛け

↓ ↓ ↓

布施 持戒 忍辱 精進 禅定 智慧

散華の裏にはそれぞれ教えが書かれています。

たくさんの人に知っていただくため散華にしました。

そのたくさんん人が六波羅蜜を実践することで
幸せになり、世の中がもっと良くなるようにとの想いをこめて。


私はまず、精進から…

この散華のご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2016年11月 3日 (木)

第35回  京仏具四人会  伝統工芸

第35回  京仏具四人会  

本日、最終日です。








お地蔵さま、大黒さまと
お待ちしております。



展示会のご案内は ↓ ↓ ↓



第35回京仏具四人会






場所は京都文化博物館6階展示会場です






開催日 11月1日(火)〜3日(木・祝)


本日は

時間 10:00〜16:00 まで 入場無料


洗練された京仏具の世界をお楽しみください

伝統工芸といわれる、職人の業が一堂に集まります。


是非とも、ご来場くださいませ。


お待ちしております。

会場はこちら ↓ ↓ ↓







お待ちしております。

2016年11月 2日 (水)

宝相華唐草 印金セット 

宝相華唐草印金セット 二寸八分 です。

Img_8262


りんは沙波理製で漆での着色を施し、
変色を防いでます。
宝相華唐草の文様の部分はプラチナ箔を
押し着色とのアクセントに。

柄は紅タメ塗りで消メッキの飾金具付。
柄尻には正絹の房をつけ、全体に豪華に仕上げております。

Img_8261


ご自身で持たれるのも良し、
また記念品としても最適です。

ご用命、お問い合わせは

弊社 お問い合わせフォーム  より うけたまわります

2016年11月 1日 (火)

第35回  京仏具 四人会 初日   伝統工芸

第35回  京仏具 四人会 一日目。

たくさんのご来場ありがとうございました。



3516103176_2



3516103152


明日もご来場、お待ちしております。

展示会のご案内は ↓ ↓ ↓

第35回京仏具四人会

Img_8182

場所はいつもと同じ京都文化博物館6階展示会場です
開催日 11月1日(火)〜3日(木・祝)
時間 10:00〜18:00 (最終日は16:00まで)入場無料


Img_8183


洗練された京仏具の世界をお楽しみください

伝統工芸といわれる、職人の業が一堂に集まります。
是非とも、ご来場くださいませ。
お待ちしております。

会場はこちら ↓ ↓ ↓
Img_8184


※四人会展についてのお問い合わせも
弊社 お問い合わせフォーム  より うけたまわります。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31