フォト
無料ブログはココログ

« 妙鉢 各種の違い | トップページ | 仏具引取り出張 »

2017年4月17日 (月)

妙鉢 「中目」「重目」と「手打ち品」のちがい

先週の火曜日からの久々になります。

前回は、妙鉢の材料や「中目」「重目」の違いについて書いてみました。
今日は、「中目」「重目」と「手打ち品」の違いについてのお話。

1103262

         ↑ ↑ ↑

※弊社、「手打ち品」 栄龍 の妙鉢です。


重さは、「重目」品も「手打ち品」もさほど変わらないとお話ししました。

では、何がどう違うのか?



●作り方のちがい。

簡単に言うと、薄い板から作るのと、分厚い板から作るのとの違いでしょうか。

「重目」は「手打ち品」より薄い板を使用し、「へら絞り」という技法で
成形し、全体の厚みがほぼ同じ状態で仕上がります。

「手打ち品」は「重目」より分厚い板を使用し、鍛金とか鍛造とか呼ばれる技法で成形します。分厚い板を金鎚で叩いてのばし妙鉢の形状にしていきます。
この場合「重目」と何が違うのかというと、縁(ヘリの)厚みが違います。
「手打ち品」の縁(へり)は、分厚い板の厚みを残します。

その仕上がりの写真が ↓↓↓



「重目」  ↓↓↓



1103263


「手打ち品」 栄龍 ↓↓↓



1103263_2

「重目」より「手打ち品」の縁(へり)が厚いです。

両方とも、重さにさほど差はありませんが
打ち始める板の厚みが違うことによって
製作工程が大きく変わります。



分厚い板は、板自体が小さいので延ばすのにも
手間がかかります。また金鎚で叩くことによって
金属が鍛えられ良くしまり鳴りものに適した状態に
なっていきます。

「重目」も音は鳴りますが、ここまで鍛えられてないので
音はそれなりです。
「手打ち品」は良い楽器のような位置づけと言えるでしょうか。

ギターも、初級者や入門者用の数万円のものから
少し良いものでは、何十万円とか何百万円なんてものもあるように
妙鉢も同じようにとらえてもらえればと思います。


このあたりが、量産品の「重目」(中目も含む)と
「手打ち品」栄龍の違いです。

その昔は、本来なら「手打ち品」が普通品といえたのでしょうが
今や量産品があることによって、超高級品かのようになって
しまった「手打ち品」。

しかし、今後ご検討されるなら断然「手打ち品」=栄龍を
おすすめいたします。


真鍮材以外にも、さらに高価な「佐波理」材の妙鉢も受けたまわります。



妙鉢の違い、おわかりいただけましたでしょうか。


1月に書いた、関連のブログです。↓↓↓



http://inorilabo-2016.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-1d93.html



ご不明な点等、お気軽にご質問、お問い合わせくださいませ。

お問い合わせは  お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

« 妙鉢 各種の違い | トップページ | 仏具引取り出張 »

仏具のはてな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妙鉢 「中目」「重目」と「手打ち品」のちがい:

« 妙鉢 各種の違い | トップページ | 仏具引取り出張 »

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30