フォト
無料ブログはココログ

仏具のはてな

2017年4月17日 (月)

妙鉢 「中目」「重目」と「手打ち品」のちがい

先週の火曜日からの久々になります。

前回は、妙鉢の材料や「中目」「重目」の違いについて書いてみました。
今日は、「中目」「重目」と「手打ち品」の違いについてのお話。

1103262

         ↑ ↑ ↑

※弊社、「手打ち品」 栄龍 の妙鉢です。


重さは、「重目」品も「手打ち品」もさほど変わらないとお話ししました。

では、何がどう違うのか?



●作り方のちがい。

簡単に言うと、薄い板から作るのと、分厚い板から作るのとの違いでしょうか。

「重目」は「手打ち品」より薄い板を使用し、「へら絞り」という技法で
成形し、全体の厚みがほぼ同じ状態で仕上がります。

「手打ち品」は「重目」より分厚い板を使用し、鍛金とか鍛造とか呼ばれる技法で成形します。分厚い板を金鎚で叩いてのばし妙鉢の形状にしていきます。
この場合「重目」と何が違うのかというと、縁(ヘリの)厚みが違います。
「手打ち品」の縁(へり)は、分厚い板の厚みを残します。

その仕上がりの写真が ↓↓↓



「重目」  ↓↓↓



1103263


「手打ち品」 栄龍 ↓↓↓



1103263_2

「重目」より「手打ち品」の縁(へり)が厚いです。

両方とも、重さにさほど差はありませんが
打ち始める板の厚みが違うことによって
製作工程が大きく変わります。



分厚い板は、板自体が小さいので延ばすのにも
手間がかかります。また金鎚で叩くことによって
金属が鍛えられ良くしまり鳴りものに適した状態に
なっていきます。

「重目」も音は鳴りますが、ここまで鍛えられてないので
音はそれなりです。
「手打ち品」は良い楽器のような位置づけと言えるでしょうか。

ギターも、初級者や入門者用の数万円のものから
少し良いものでは、何十万円とか何百万円なんてものもあるように
妙鉢も同じようにとらえてもらえればと思います。


このあたりが、量産品の「重目」(中目も含む)と
「手打ち品」栄龍の違いです。

その昔は、本来なら「手打ち品」が普通品といえたのでしょうが
今や量産品があることによって、超高級品かのようになって
しまった「手打ち品」。

しかし、今後ご検討されるなら断然「手打ち品」=栄龍を
おすすめいたします。


真鍮材以外にも、さらに高価な「佐波理」材の妙鉢も受けたまわります。



妙鉢の違い、おわかりいただけましたでしょうか。


1月に書いた、関連のブログです。↓↓↓



http://inorilabo-2016.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-1d93.html



ご不明な点等、お気軽にご質問、お問い合わせくださいませ。

お問い合わせは  お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2017年4月11日 (火)

妙鉢 各種の違い

「妙鉢の中目、重目ってなにがちがうの?」

最近よくこんな問い合わせがあります。

1103262

     ※写真は 「重目」 の妙鉢

わかる範囲になりますが以下に記してみます。


●先ず、材料は?

真鍮と呼ばれる金属で、銅と亜鉛が配合された圧延の板でできています。

※圧延とは、金属の加工方法のひとつで金属の塊を、ローラーの間を通
して圧力で延ばし、板・棒などのかたちにしたもの。
ググってみてください。

妙鉢のように「鳴り物」とよばれるものは、この真鍮板で作られています。
真鍮は銅と亜鉛でできていて配合が70%、30%が良いとされています。
これを通称 「七三の真鍮」 しちさんの真鍮と言います。

「中目」「重目」はこの「七三の真鍮」の板を使い、「へら絞り」という技法で
成形し、次に機械で鎚目を打ちます。

その後、金属の板の表面を保護と化粧の意味で漆で着色します。

●「中目」「重目」の違いは?

その昔(いつの頃か定かではありませんが)から、
この大きさは、この板でつくるという標準目方があったようです。

一尺 = 一双 = 一貫目(3750g) ときいてます。

一双、4枚で一貫目なので、一枚は 937.5g。

これが今でいう「重目」にあたります。

では「中目」はというと

その昔、まだ材料が貴重とされ 手間賃より大事にされていた時代
価格を下げるために 考えたのが 手間は省けないので
材料を薄くしようということで 重さを重目の7掛けとしたのが 
中目 の始まりとのこと…

価格を抑えるための工夫だったようです。


現在も「中目」「重目」は、その名残のまま製作していますが、
今では、比較的材料も手に入りやすいこともあって 
標準目方よりは 1割 程度重くなっています。

よく、手打ち品は もっと重いんやろ! と聞かれますが
量産品も手打ち品も そう変わりません。
やはり標準目方を意識して作っております。

では、次回は 「中目」「重目」と「手打ち品」の違いを
お話します。

ご質問等、ございましたらお気軽にお問合せください。

ご用命、お問い合わせは   お問い合わせフォーム より
お願いいたします。

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30